ウエディングブログ

2015/04/27

結納品セットはおめでたいものばかりです。 ~その2~

皆様 こんにちは 佐藤です。
桜の花がより海抜の高い地域へと移動していきましたね。
今は猪苗代町周辺がいい感じです。

早速ですが、おめでたいシリーズの結納品から、今日は2番目の「目録」について紐解きます。

itn004-mokuroku[1].jpg

まずは 目録(もくろく)ですが、これは相手に贈る結納品の中身が明記されています。
いわゆる納品書のようなものです。
結納品を頂く側は 受書(うけしょ)を用意しますが、これには目録とまるっきり同じものを書きます。

目録の場合はタイトルが 目録 となり受書の場合はタイトルが 受書 となるだけです。
目録が納品書なら、受書はその名の通り物品受領書という訳ですね。

20150427150036099_0001.jpg

上記は 受書 の中身ですが同じ内容なので、目録(受書)として例にしますね。

目録(受書)の日付は 結納日になるのですが、具体的に〇月〇〇日と書くよりも
〇月吉日 と書く方が多いようです。
結納品を贈る日は大安でなくても、吉日なんです と覚えましょう。

20150427153942618_0001.jpg

自分の名前(もしくは両親のどちらか、名字だけの場合も)は下の方へ書き、
相手のお名前は左上に書きます。
上記の例は 桜井さんが二ノ宮さんに贈る場合です。

ところで上記の書式に 一 とついているものは7品しかないじゃないか、と
お思いのするどいあなた、そうなんです。 9品目なのに7品しか書いてないですよね。
実は これは最初に書いてある目録(または受書)と長熨斗(前回紐解きましたね)を
含んでの9品なのです。 だからのし袋は9つありますよ。
9つの、のし袋で 9品目 と言います。

では次回は最初の 一 の下の空白になってる部分の 「金宝包」について紐解きます。
何故そこは空白なのか・・・・・・。 中々に深い意味がありますよー。
乞うご期待です!!!!

ではでは次回もよろしくお付き合い下さいませ。

*:;:;**:;:;**:;:;**:;:;**:;:;*
アニエス会津
会津若松市門田町飯寺字村西817
TEL:0120-430-214
*:;:;**:;:;**:;:;**:;:;**:;:;*

上へ戻る

© 【公式】アニエス会津-会津若松市の結婚式場 All Rights Reserved.