ウエディングブログ

2015/04/19

結納品セットはおめでたいものばかりです。

皆様 こんにちは
いよいよ桜が咲きましたね。

アニエス会津では桜の木の下で、結婚式の前撮りをする事がとても人気なので、
只今は毎日のように新郎新婦様が桜の咲いている場所へロケに出かけられます。
私たちは 日々 「雨が降りませんように」とか「強い風が吹きませんように」とか
お祈りをする毎日です。

早速ですが、今日は<佐藤の勝手にめでたいシリーズ>から、結納品セットに
スポットを当てました。
近々 結納を考えていらっしゃる方には、お役にたつかも・・・・・。

まずはセットの中身なのですが、地域や家々によって3品、5品、7・・9・・・と
いろいろあります。でも何品であっても数量はかならず 奇数 です。
奇数は 割り切れない 、つまり別れない との思いを込めています。
アニエス会津でご用意している結納品セットは9品目(きゅうひんもく)のセットです。

9品目と言うのは、結納品セットの中にいろいろ入れられるようになっている、のし袋が
9種類あると思ってくださいませ。

itn004-noshi[1].jpg
並べる順序は地域や家々によって異なりますが、今日はアニエスヴァージョンで
ご紹介します。

まずは 長熨斗(ながのし) です。

これはなが~く伸ばしたアワビの事で、今までのお話の中で
ながーいものはおめでたいものでしたよね。(寿命とか・・・)
しかも海産物の中でも高級品のアワビを送る事は、相手に対する最高の贈り物であり
おもてなしだったそうです。
アワビを長ーく伸ばして乾燥すれば、長ーく保存ができます。(のしアワビと言います)
だからおめでたいものなんですね。
ちなみに写真の長熨斗(黄色のもの)は本物のアワビではありません。 念のため。

長熨斗は結納品だけでなく、普通に使うのし袋やのし紙にも印刷されています。
紙の右上になにか三角形っぽいものがありますよね。 あれがそうなんですよ。
まさか本物のアワビを送るのは難しいから、気持ちだけ最高の贈り物だと
思ってください、と そんなところかな。

では次回、次ののし袋をご紹介したいと思います。
また お付き合い下さいませね。

*:;:;**:;:;**:;:;**:;:;**:;:;*
アニエス会津
会津若松市門田町飯寺字村西817
TEL:0120-430-214
*:;:;**:;:;**:;:;**:;:;**:;:;*

上へ戻る

© 【公式】アニエス会津-会津若松市の結婚式場 All Rights Reserved.