ウエディングブログ

2013/12/29

Wedding report ~番外編~

こんにちは Wedding reporter(自称) の佐藤です

さすが年末ですね、寒さも雪も一段とすごいです。
でもスキー場はこれで 嬉しいだろうし、来年は水不足にならなくて済むだろうし で
ポジティブに考えましょうかねー・・・・。

ところで皆様は もちのこ ってご存知ですか?
ツチノコではありません。 餅のこ です。

4分の3世紀以上の人生をお過ごしの、とある老夫婦のお宅にお伺いした時です。

頃は1月のお正月ムードがまだ残っている時でした。
親しくさせて頂いてた事もあり、お餅をご馳走になりました。
あんこやきなこ餅など たくさん用意して下さったのです。

もともと甘いものに目が無い私ですので、ありがたく頂戴しました。

そのうち、奥様が大根が一杯入った、お吸い物を持ってきて下さいました。
大根や人参、油揚げや青菜が入っていて、お醤油仕立のとても美味しいお吸い物でした。
そのお吸い物を頂くと、甘くなって疲れた口がサッパリして、またお餅を頂くことが出来るんです。

で、私は 「このお吸い物 とても美味しいです」と言いましたら、
ご夫妻は 「これはお吸い物じゃなく、もちのこ だよ」と言われました。

もちのこ ???

怪訝な顔してお聞きする私に、ご夫妻は教えて下さいました。

お餅はどうしても消化が良いとは言えないのですが、大根を一緒に食べることにより
大根の酵素の働きで、消化を助けてくれます。
しかも 甘いものはごちそうですが、たくさん食べると食べ飽きて 口の中が甘くなって
しまいます。
お吸い物仕立にすることで、口の中をサッパリして、しかも消化も助けてくれる、と言うことで
お餅のお供に付けるものなんだそうです。 昔は婚礼の時にも用意したそうです。

お餅のお供で もちのこ。
素晴らしい組み合わせだなーと感心してしまいました。

でも アニエス会津の料理長にお聞きしても、まわりの皆に聞いても
「もちのこ なんて聞いたことないよー」 とのお応え。

これが普通の組み合わせなんだ と信じていた私は ?????

今はもう そのご夫妻は空にお住まいなので、再度お聞きすることもできません。

でも もしかしたら私は、会津に残る郷土料理の伝承者になったのかもしれませんよね。
そんなつもりで これからもいろんな人に 「もちのこって知ってる?それはね・・・・」って
お話していこうと思います。

ちなみにザッと作り方をご紹介します。

お鍋に出し汁をつくります。昆布でも鰹でも、お好きなもので。
そこに拍子木に切った、大根、人参、(お好みで油揚げなども)入れて煮ます。
やわらかくなったら、お醤油で味をつけます。
青味として、三つ葉やセリ等を散らしたら出来上がりです。(お好みで味醂等を入れても)

要するに大根がいっぱい入った汁物 と考えればいいかな。
場所によっては大根だけのところもあるらしいのですが・・・・。

皆様もぜひ、会津の郷土料理の伝承者になってみて下さいませ。

ではでは、今日は画像無しの文字だけでスミマセン・・・・。
次回またお目にかかります。
良いお歳をー。

★————————————–★
アニエス会津 (旧Priere de Marriage)

福島県会津若松市門田町飯寺字村西817
TEL:0120-430-214
★————————————–★

上へ戻る

© 【公式】アニエス会津-会津若松市の結婚式場 All Rights Reserved.