ウエディングブログ

2013/12/08

Wedding report

こんにちは Wedding reporter(自称)の佐藤です

今日は風がすごく冷たくて、あったかい部屋やあったかい飲物がLOVEですね。

さてさて 今日は普段皆様が 見る事があまり無いであろう、教会の裏側を撮影しました。
アニエス会津の 裏側 というか 後ろは高い土手になっていて
土手の向こうは大きな河川敷が広がっています。
土手の上は道路があり、車も通行できますし、朝晩 散歩される方も見受けられます。

土手に上がってアニエスを見ると すごいステキだったので、皆様にもぜひご覧頂きたく
写真をアップしますね。

IMGP0136.JPG
IMGP0135.JPG

夕焼けでピンクに染まる教会がステキ。

本当は真っ白の壁の教会なんです。

唐突ですが、アニエスはフランスのセントヴァレンタイン村と提携しています。

ヴァレンタイン村は、2月14日のヴァレンタインデーで有名な愛の村。

ここで愛を誓うと、その愛は永遠に続くんですって。
しかも5世代目になると また巡り合う と言う伝説があるらしいですよ。

アニエス会津で結婚式をすると、その記録がフランスのセントヴァレンタイン村の
役所に長ーい間保存する事ができます。 (詳しくはアニエススタッフへ・・・)

どのくらいか と言うと4世代先の子孫の代まで保管して くれるんです。
つまり 子供の子供のまた子供まで。

村長さんの署名入りで保管してくれて、行けば見せて貰えるんです。
孫や曾孫が旅行でフランスのセントヴァレンタイン村に行って、書類を見て自分達の名前や                祖父母の名前があったら感動ですよね。

なんか 悠久の絆 とでも言いたくなるような・・・・。

ところで、教会の前にそびえる、大きな木にご注目くださいませ。
写真の右端にある 木 です。

IMGP0133.JPG


この木は 実は セントヴァレンタイン村の村長さんがアニエス会津にお越しくださって、

自ら植樹をして 下さったんです。
だから この木は セントヴァレンタイン村との強い絆の証です。

アニエス会津で結婚式をする方の、永遠の愛と幸福を願って植えられたんですねー。

教会のロビーにミニギャラリーがあって、そこに植樹の様子が写っている写真がありました。

IMGP0139.JPG
額の上から撮影したので、ちょっと見づらくなりましたが、どうぞアニエス会津の教会へ
見にいらして下さいね。

なにげに植えてある 木 や 教会 も ただお洒落なだけでなく、ちゃんと深い意味と
こだわりがあって そこに存在しているんですね。 しみじみ

今日は文字がいっぱいになってしまいました。
また ステキなお話を仕入れたら、ご紹介します。

ではでは また次回に。

上へ戻る

© 【公式】アニエス会津-会津若松市の結婚式場 All Rights Reserved.